にゃごみじかん
とにかく、にゃごんでください。(和んで)
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うれしかったこと
16012201.jpg



我家には 最高8匹の地域猫がご飯を食べに来ていました。

でも月日が経つにつれ

病気で亡くなったり、交通事故に遭って亡くなったり。。。

1匹欠け、2匹欠け。。。今は、にゃあちゃん、クロコ みーちゃんの3匹と

時々通りすがりに食べていく子がいます。

来なくなった子の中で10年近い付き合いだった トラコがいます。

トラコは猫エイズでした。なので、食事に処方された薬を入れて食べさせていました。

でもある日 突然 トラコの姿が見えなくなったのです。

私は、その辺で死んでしまっているのでは?と家の周りを探して歩きました。

すると主人が「何日か前、美らの散歩のとき、女の人がふたり トラコを挟んで話をしてたよ」と言ったのです。

もしかしたらこの辺のボランティアの方と保護猫ハウスの方かな?と思いました。

なので両方の方を知っている方に連絡を取り、トラコを連れて行ったか聞いてみました。

すると保護ネコハウスの方が 連れて帰ってお世話をしてくださっているということでした。

その方が 今、お友達で 猫を保護した時には協力してくださるHさんでした。

昨日、2匹の子猫を病院に連れて行くため Hさんが来てくださり、

トラコの話になりました。あの頃、もうかなり弱っていたので死んでしまっていると思っていたんです。

「生きてるよ。でもね、エイズで口内炎ができて痛そうだったから 歯は全部抜いて 毎日 あったかいミルクととろみのごはん

あげてるの」と。。。

うれしかったです。

たぶん、トラコの年齢は10歳以上。

猫エイズだけどご飯はいっぱい食べてたし(私もとろみのごはんあげてました)

でも。。。病気には勝てなかったかな?って思ってた。。

生きてるって聞いたらすごくうれしくて。。。

Hさんってそういう方なんです。

今回の子猫のことも親身になって相談にのってくださって、仔猫たちが安全で暮らせるならTNRでいいけど

アブナイ目に遭うのなら里親に出した方がいいと真剣に考えてくださっています。

いつか。。。Hさんの家に行ったら トラコに会わせてもらおうと思っています。

写真:きょーこ♪

(うちに来ていたころのトラコです)

いつもありがとうございます。

にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメント
よかったですね(◎>∀<◎)
とらこちゃんあたたかいところでウマウマご飯もらってなんて嬉しいんでしょ(o^^o)

まわりにねこ活をしているかたがいてよかったですね♪ やっぱりひとりだと限界もあるしねこ活してくれる人が増えるのうれし~~(◎>∀<◎)

これの前の記事のそとねこさんのことはすご~~くわかりますよぉ(*・ω・)(。。*)ぅん 

うちもいろいろありました  

とにかく幸せニャンコはひとりでも多く増えてほし~ですよね♪
2016/01/22(金) 16:35:13 | URL | きくふじ #- [ 編集 ]
ありがとうございます。
本当に自分なんて無力だなって思うことたくさんあります。

トラコは、Hさんの家に行って 温かく涼しく。。。ご飯に困ることもなく、具合が悪ければ病院に連れて行ってもらいます。

「しあわせな老後」なんじゃないかな?って思います。
2016/01/22(金) 18:11:00 | URL | きょーこ♪&のぼー #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。